「浮気はされる方にも問題がある」は妥当?不当?

よく浮気をする人の言い分として、
浮気をされる相手にも原因がある、というものがあります。

この言い分は実際のところは妥当なのでしょうか、
不当なのでしょうか。

それは浮気にいたる原因によって異なると言われています。

女性の浮気の多くの原因としてあげられる、
配偶者の仕事が忙しくて夫婦の時間をないがしろにし、
常に寂しい状況に置かれた結果浮気にいたる、といった場合は、
浮気をしている側問題があることは言うまでもありませんが、
浮気をされた側がもっと夫婦の時間を大事にしていれば
浮気を防げたと言えるため、浮気をされる相手にも原因がある、
と言えるのでは無いでしょうか。

他の浮気のパターンとして、安定した夫婦生活を送っていたものの、
多少マンネリを感じ、刺激を求めるために浮気をするというものがあります。

このような場合は、浮気をされた相手はできる限り
夫婦関係を良好に維持しようと努力していたり、
家庭の時間を大事にしていたりするのに、
それを退屈に感じて浮気をしているとも言えるので、
このような場合には、浮気をされた相手にも
原因があるとして避難のするのは的外れと言えるのではないでしょうか。

フェイスライン ニキビ:治らないフェイスラインニキビに。